第6回 コンクールの結果

金賞

愛知県 蒲郡市立蒲郡南部小学校
二代目 チーム蒲南魂 の皆さん

表彰式

11月26日、NHKテレビ・ラジオ体操指導者の多胡先生、ピアノ演奏の幅先生、アシスタントの原川さんにご参加いただき、蒲郡市立蒲郡南部小学校にて、金賞を受賞した「二代目 チーム蒲南魂」の表彰式を実施しました。

表彰式1
表彰式2
表彰式3
表彰式4
表彰式5

インタビュー

受賞したチームのメンバーへのインタビュー

受賞したチームのメンバー1

受賞したチームのメンバー2
コンクールの結果を聞いた瞬間の気持ちは?
・細かいところまでみんなで話し合って頑張ったので、飛び上がるほど嬉しかったです。周りのみんなとも涙を流しながら喜びました。
・最初は実感がわかなかったけど、夏休みの練習を思い出して、チームワークがあったから取れたんだろうなと思いました。
・今まであきらめずに、友だちや先生を信じて頑張ってきてよかったです。
昨年より頑張ったことは?
・昨年度は優秀賞だったので、絶対に金賞を獲りたいと思って頑張りました。
・呼吸やどこの筋肉を使うのかまでを意識して、練習に取り組みました。
・他のチームの良い所も参考にして、何度も何度も練習を行い、自分たちの最高の体操ができました。
今後の目標は?
・来年、「3代目 チーム蒲南魂」を結成して、もう一度、金賞を獲りたい。
・授業や行事の時は率先してみんなの前で見本になり、楽しさや良さを伝え、みんなが「ラジオ体操いいね」と思ってもらえるラジオ体操部活動をしていきたいです。
・中学校に進学しても、自分たちが学んだラジオ体操を広めていきます。

先生へのインタビュー

代表 丸山 侑一郎 先生

代表 丸山 侑一郎 先生

このたびの受賞の感想は?
心より嬉しく、子どもたちへの感謝の気持ちでいっぱいです。子どもたち25名の頑張りが実を結んだことが嬉しいです。また、多くの方々に支えていただいた結果、受賞できたことに大きな価値を感じます。
練習方法や日々の取り組みで工夫したことはありましたか?
練習は、音楽やラジオ体操動画に合わせて基本的な動きを一人一人が確認することから始め、ペアやグループでの動作確認、話し合い、動画撮影を繰り返し行いました。動きが中々習得できない児童には、上級生がマンツーマンでアドバイスを行いました。また、見た目だけにこだわるのではなく、筋肉や関節の動き、呼吸についても確認をし合いました。
昨年に続き、コンクールに参加してよかったと感じたことは?
子どもたち自身が、「運動会のラジオ体操のレベルをあげたい」「地域のラジオ体操に参加してみたい」「校歌にある『日本一の学び舎に』のように、日本一の学校を目指したい」と思えるようになったことです。また、昨年度から「賞をもらったラジオ体操部だから、生活をしっかりしよう」という意識が芽生え、行動するようになってきたことです。
ラジオ体操に関する今後の取り組みについては?
子どもたちの「運動会や体育の授業で行うラジオ体操を質の高いものにできるように」という思いを最大限に尊重して次世代につなげていけるよう、取り組んでいきたいです。また、学校と地域がつながる一つのツールとしても期待をしています。

出張授業

表彰式の後、「二代目 チーム蒲南魂」がラジオ体操を披露しました。その後、多胡先生の指導のもと、幅先生のピアノ演奏に合わせて出張授業を実施。参加した全校児童がさらに上達するためのポイントを教えていただきました。授業の最後は、かんぽ生命企業キャラクターのかんぽくんも登場し、アシスタントの原川さんと一緒に、全員でラジオ体操第一を実施しました。

出張授業1
出張授業2