第6回 コンクールの結果

銅賞

埼玉県 三郷市立彦糸小学校
ラジオ体操隊HIKOITO の皆さん

表彰式

11月25日、NHKテレビ・ラジオ体操指導者の鈴木先生、ピアノ演奏の能條先生、アシスタントの吉江さんにご参加いただき、三郷市立彦糸小学校にて、銅賞を受賞した「ラジオ体操隊HIKOITO」の表彰式を実施しました。

表彰式1
表彰式2
表彰式3
表彰式4
表彰式5

インタビュー

受賞したチームのメンバーへのインタビュー

受賞したチームのメンバー1

受賞したチームのメンバー2
コンクールの結果を聞いた瞬間の気持ちは?
・全国の小学校の中で銅賞だったことがすごく嬉しかったです。みんなで頑張って練習してきてよかったです。
・発表された時は、驚きと嬉しさで思わず叫んでしまいました。
・友だちから「おめでとう」と言って貰えて嬉しかったです。金賞目指して来年も頑張りたいと思いました。
昨年より頑張ったことは?
・「金賞を獲る!」という強い気持ちを持って、みんなで頑張りました。
・10番目の「体を回す運動」で後ろまで反るところが難しく、何度も練習を重ねました。
今後の目標は?
・後輩たちに見本を見せて、ラジオ体操の正しい動きを伝えていきたいです。
・毎朝のラジオ体操を一生懸命に取り組み、来年は金賞を獲れるように頑張りたい。

先生へのインタビュー

代表 沢口 潤 先生

代表 沢口 潤 先生

このたびの受賞の感想は?
昨年度の優秀賞に続き、今年は銅賞を受賞し、嬉しい気持ちでいっぱいです。子どもたちに結果を知らせた時、どの子も大きな声を上げて喜んでいました。努力が結果につながり、本コンクールを通して、子供たちは大きく成長することが出来ました。これからも様々な場面で努力し続けてほしいです。


練習方法や日々の取り組みで工夫したことはありましたか?
毎朝のラジオ体操でポイントを指導しながら行うことで、少しずつ正しいラジオ体操ができるようになってきました。とくに笑顔と呼吸は意識して取り組みました。また、「ラジオ体操第一チェックシート」を参考に、本校の実態に合った「オリジナルチェックシート」を作成し、正しい動きのポイントを明確にしました。
昨年に続き、コンクールに参加してよかったと感じたことは?
ラジオ体操の動きを正確に覚えることで、普段の準備運動でも、どこを伸ばしているかを意識して行うようになりました。また、目標に向かって努力をすることの大切さ、仲間と協力して運動をする楽しさを実感することが出来ました。
ラジオ体操に関する今後の取り組みについては?
全校児童が正確にラジオ体操を行えるように、コンクールに参加した児童を中心に正しいラジオ体操を伝えていきたいです。運動会や夏休みなど、ラジオ体操をする機会を活かして、地域の方とさらに関わりが持てればと思っています。

出張授業

表彰式の後、「ラジオ体操隊HIKOITO」がラジオ体操を披露しました。その後、出張授業には全校児童が参加し、鈴木先生の指導のもと、能條先生のピアノ演奏に合わせて、正しいラジオ体操のポイントを教わりました。授業の最後には、かんぽ生命企業キャラクターのかんぽくんも登場し、アシスタントの吉江さんと一緒に全員でラジオ体操第一を行いました。

出張授業1
出張授業2