審査員のご紹介

審査にはラジオ体操の指導にあたっている5名の先生方にご協力をいただきました。

青山 敏彦 先生

青山 敏彦 先生

1959年 日本体育大学体育学部 卒業
1971年 NHKテレビ・ラジオ体操 指導者
1981年 日本体育大学 教授
1991年 日本体育大学 退職
1999年 NHKテレビ・ラジオ体操 指導者 辞任
同年 NHKテレビ・ラジオ体操 アドバイザー
現在 NPO法人全国ラジオ体操連盟理事長として、ラジオ体操の指導・普及推進のため全国各地を回っている。

先生からのメッセージ

5回を数えた2018年のコンクールにも全国から多くの学校に参加いただきましたこと、深く感謝いたします。全国各地をラジオ体操の指導でまわっておりますと、このコンクールへの問い合わせも年を追うごとに増えてきております。その情熱を感じながら、応募動画を審査させていただきました。金・銀・銅賞の受賞校におかれましては「やればできる」との表現通り、努力すればここまで成果が出るのだと示していただき、教育の真髄をあらわしている素晴らしいものでありました。他の参加校におかれましても各々特徴を十分出していただいており、学校行事の中で!学年の枠を超えた交流の中で!地域との結びつきの中で!等々、多様な展開にて教育の原点を見せていただいた気がいたしました。ラジオ体操は地域によって支えられているものです。そのスタートをこのコンクールによって担っていただいていることを力強く思い、今後増々多くの小学生の皆さんが参加していただくことを望んでいます。

長野 信一 先生

長野 信一 先生

1969年 日本体育大学 卒業
財団法人日本レクリエーション協会・指導部にて、レクリエーション指導者の育成、検定、プログラム開発に努める。
1981年 NHKテレビ・ラジオ体操指導者として出演・放送を続け、また全国の企業・団体等への講演・指導を行っている。
現在 日本体操研究所所長、NPO法人全国ラジオ体操連盟副理事長、ラジオ体操・みんなの体操指導者。

先生からのメッセージ

第5回全国小学校ラジオ体操コンクールに、多くの学校、児童の皆さんにご参加いただき、ありがとうございました。わずか3分間で全身がまんべんなく動かされるラジオ体操は児童の発育、発達に欠かせない運動刺激であり、丈夫な体づくりや健康づくりの運動習慣として継続することがとても大切です。人生100年の時代、児童期に効果的なラジオ体操を身につけておけば、生涯、自分の健康保持に役立ちます。ぜひこのコンクールに引き続き参加いただき、元気な学校、地域づくりを積極的に進めてください。

多胡 肇 先生

多胡 肇 先生

1989年 日本体育大学体育学部 卒業
同年 ビッグボックス西武アスレティッククラブ 勤務
1994年 プロ野球 西武ライオンズ トレーニングコーチ
1998年 NHKテレビ・ラジオ体操 指導者
同年 日本工業大学 スポーツ非常勤講師

先生からのメッセージ

全国小学校ラジオ体操コンクールにご応募いただいた動画を拝見し、また表彰式やラジオ体操出張授業で学校にお伺いした際に都度感じることは、子供たちの笑顔に大きな力をもらえることです。こんなに素晴らしいプレゼントは他にありません。「喜怒哀楽」、人の持つ喜び・怒り・悲しみ・楽しみなどの感情です。人は何事においても夢や希望そして目標を掲げて物事に取り組みます。コンクールに応募しようと決めた時点でそれぞれが考えることでしょう。暑い中でラジオ体操の練習を重ね、何度も何度も動画を撮り直し、納得できる出来もあればそうでないものもあったかも知れません。そしてようやく完成。喜怒哀楽が交錯する中で、一致団結した仲間たち、みんなの汗と想いが実を結び、素敵な笑顔になるのです。子供たちの笑顔ほどパワーを与えてくれるものはありません。小学生の皆さん、「今」この瞬間を大切に生きる。それが自分への挑戦であり、明日への道へと繋がっていきます。今を頑張りましょう!!これからも子供たちの笑顔が増えますように。ありがとう。

岡本 美佳 先生

岡本 美佳 先生

1996年 日本女子体育大学体育学部 卒業
同年 NHKテレビ・ラジオ体操 アシスタント
2003年 NHKテレビ・ラジオ体操 指導者

先生からのメッセージ

第5回全国小学校ラジオ体操コンクールに参加いただきありがとうございました。新たな参加校が増える中、先輩の背中を追って参加していただいた学校も多く、とてもうれしく思います。ラジオ体操を継続して行うことで、身体や学校生活などで何か変化を感じることがありましたでしょうか。もしかしたら身体が柔かくなってけがをしにくくなったとか、姿勢が良くなった、また生活リズムが整った、地域の方とつながりができた等々、あるかも知れません。支援していただく先生方、地域の方々のご理解やご協力があり、拡がりを感じております。ラジオ体操は90周年、いつでもどこでもだれでもできるラジオ体操です。体操を続けることが大切です。ぜひ継続していただいて、これからも元気いっぱいで、笑顔の多い学校生活を送ってください。

鈴木 大輔 先生

鈴木 大輔 先生

2004年 日本体育大学体育学部 卒業
同年 栄東中学・高等学校 保健体育科教諭
2010年 女子栄養大学 実践運動方法学研究室 非常勤助手
2014年 女子栄養大学 実践運動方法学研究室 講師
2016年 聖学院大学大学院 人間福祉学研究科 修了
同年 NHKテレビ・ラジオ体操 指導者

先生からのメッセージ

全国各地からたくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。小学生の皆さんがラジオ体操を通じて元気いっぱいに体を動かしている姿を見ることができて大変うれしく思います。ラジオ体操は楽しかったですか?体操をした後に、体がスッキリした!気分が良くなった!友達と一緒に動けて楽しかった!など何かを感じられた人はみんな100点満点です!自分の体が思い通りに動くようになれば、体育の授業や休み時間などに体を使った遊びをすることがもっと楽しくなることでしょう。また、今回のコンクールで仲間と動きを合わせたり、教え合ったりする中で心も丈夫になったのではないでしょうか。体がイメージ通りに動かなかったり、仲間と動きが合わなかったりして、少し悔しい気持ちも経験したかもしれません。でも、弱気になった自分をちょっとだけ励まして、最後までがんばり抜いたことは心も成長している証です。これからも「体」と「心」を使って素敵な小学校生活を送ってください。

審査風景