審査員のご紹介

審査にはラジオ体操の指導にあたっている5名の先生方にご協力をいただきました。

青山 敏彦 先生

青山 敏彦 先生

1959年 日本体育大学体育学部 卒業
1971年 NHKテレビ・ラジオ体操 指導者
1981年 日本体育大学 教授
1991年 日本体育大学 退職
1999年 NHKテレビ・ラジオ体操 指導者 辞任
同年 NHKテレビ・ラジオ体操 アドバイザー
現在、NPO法人全国ラジオ体操連盟理事長として、ラジオ体操の指導・普及推進のため全国各地を回っている。

先生からのメッセージ

2017年の全国小学校ラジオ体操コンクールも多くの参加校を得ることができました。関係者の一人として深く感謝いたします。このコンクールも全国各地から強い関心を向けていただいており、特に、内容・技術レベルにおいては、年を追うごとに白熱している状況に感謝しているところです。89年を迎えたラジオ体操が、心身の発育発達の著しい小学生の健全育成の一助として役割を担うことができればと考えております。それには、第一に児童の日常からの自発的活動が主体ですが、支援していただく先生方のご理解あっての活動であります。さらに学校を取り囲む地域環境も児童の活動に大きな影響を及ぼすとされております。どうか、より一層広い活動に発展いたしますよう、関係の方々のご援助をお願いいたします。

長野 信一 先生

長野 信一 先生

1969年 日本体育大学 卒業
財団法人日本レクリエーション協会・指導部にて、レクリエーション指導者の育成、検定、プログラム開発に努める。
1981年 NHKテレビ・ラジオ体操指導者として出演・放送を続け、また全国の企業・団体等への講演・指導を行っている。
現在、日本体操研究所所長、NPO法人全国ラジオ体操連盟副理事長、ラジオ体操・みんなの体操指導者。

先生からのメッセージ

今年も多くの学校、児童の皆さんに第4回コンクールに参加いただき、ありがとうございました。参加小学校が増えると共に「ラジオ体操」のレベルがまた一段と上がったと感じますが、参加校は西日本、特に九州や中国エリアが積極的で、北へ向う程少ないのが現状です。全国からより多くの参加を期待します。僅か3分間で全身がまんべんなく動かされるラジオ体操は児童の発育・発達に欠かせない運動刺激となり、丈夫な体づくりや健康づくりの運動習慣として欠かせません。ご指導いただく先生には、ぜひ永く続けてこのコンクールに参加いただき、児童の皆さん、地域の皆さんは効果的なラジオ体操で元気な学校、地域づくりにもお役立てください。

多胡 肇 先生

多胡 肇 先生

1989年 日本体育大学体育学部 卒業
同年 ビッグボックス西武アスレティッククラブ 勤務
1994年 プロ野球 西武ライオンズ トレーニングコーチ
1998年 NHKテレビ・ラジオ体操 指導者
同年 日本工業大学 スポーツ非常勤講師

先生からのメッセージ

「継続は力なり」この言葉の通り、全国小学校ラジオ体操コンクールは新たな参加校も増える中、常連校として毎年継続して参加していただく学校も多く、大変うれしく思います。それと同時に、先輩たちの伝統を引き継ぐ児童の皆さん、ご指導いただきます先生方や地域の指導者の皆さんの情熱と努力に敬意を表したいと思います。ありがとうございます。何事に於いてもそうですが、このコンクールも結果が全てではなく、何度も何度も練習を重ねた過程や道のりが一番大切であるということ。そうやって続けることが大切。恐らく応募するまでには、みんなで助け合いながら汗を流し、体操を研究し勉強し、しっかりと考えて動いたことでしょう。その中では今までにない新しい発見もあったかも知れません。この努力は決して無駄にはなりません。これからもラジオ体操を通じて元気で明るい毎日を過ごし、大きな大きな夢と希望に向かって飛躍してください。成長しても体操は続けてくださいね。いつか皆さんと一緒に体操できることを夢見ています。ありがとう!!

岡本 美佳 先生

岡本 美佳 先生

1996年 日本女子体育大学体育学部 卒業
同年 NHKテレビ・ラジオ体操 アシスタント
2003年 NHKテレビ・ラジオ体操 指導者

先生からのメッセージ

第4回全国小学校ラジオ体操コンクールに参加いただき、ありがとうございました。回を重ねるごとに応募数が増え、皆さんの体操技術も向上しており、大変うれしく思います。今回の応募にあたり、仲間や先生、時には地域の方々とも交流を持ち、話し合い、研究し、助け合いながら練習を重ねたことと思います。この練習過程で感じたことは素晴らしい宝です。宝を大切に、また体操は継続することで運動効果もあらわれ、身体を柔軟に保つことで怪我の予防にも繋がります。これからもラジオ体操で丈夫な身体をつくり、何事にもチャレンジして充実した日々を過ごしてください。

鈴木 大輔 先生

鈴木 大輔 先生

2004年 日本体育大学体育学部 卒業
同年 栄東中学・高等学校 保健体育科教諭
2010年 女子栄養大学 実践運動方法学研究室 非常勤助手
2014年 女子栄養大学 実践運動方法学研究室 講師
2016年 聖学院大学大学院 人間福祉学研究科 修了
同年 NHKテレビ・ラジオ体操 指導者

先生からのメッセージ

全国各地からたくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。皆さんがラジオ体操コンクールに向けて、体操に真剣に取り組んでいただいたことを大変うれしく思います。
自分の思い通りに体を操りながら、ラジオ体操を行うことは出来ましたか?指先までしっかりと意識しながら体操することは、意外と難しかったかもしれません。今回のラジオ体操コンクールの練習を通して、人間の体の特性や動きについて、理解を深める機会になったのではないかと思います。皆さんの体はこれからさらに成長していきます。ラジオ体操を継続的に行って健康で丈夫な体を作ってください。また、今回のコンクールを通して仲間と協力して一つの目標に向けてチャレンジしていくことの楽しさも経験できたのではないでしょうか。これからも仲間と一緒にラジオ体操を行い、明るく楽しい小学校生活を送ってください!

審査風景